• YOCHOU 2020

     

    予兆学シンポジウム2020

     

    主催:名古屋大学 大学院情報学研究科

    後援 :公益社団法人 日本工学アカデミー中部支部

     

    2020年9月29日(火) 14:00-16:00

    オンライン開催

     

    参加無料

    (参加登録受付は終了いたしました)

     

  • 予兆学からコロナ社会を考える

    COVID-19で見えてきたこと、見えなくなったこと

    昨年度のシンポジウムの様子

    YOCHOU2020のねらい

    予兆学シンポジウム2020 

     

    COVID-19禍を機に、内外を問わず、人間社会システム全体に避け難い深刻な構造的変化が起きつつある。象徴的なこととして、人々が密に接することを避け、情報技術を一つの有力な手段にお互いの関係性を保ちつつ学校教育や社会経済活動をせざるをえなくなったことがある。人が生身の人間として密に接触できない、または接触しないで、間接的に得た情報、知識あるいは擬似体験に過度に依存した社会生活を送ることが、人間中心の、心豊かで健全かつ強靭な社会の維持・発展にとってどのような影響をもたらすかという点については、従来の技術至上の経験や価値観からは容易には予測できない。ワクチンや有効な治療薬が開発されれば、良い意味で事態は一変するに違いないが、一方で、予想を超えたな社会的負荷が残らないとも限らない。

     本シンポジウムでは、人の心理、行動変容を含めた人間社会の営みなど、さまざまな社会心理学的な視点を取り入れながら、日々生産され流動する不確実な情報の中に変化の予兆を読みとり、「断密」が叫ばれる今後のコロナ社会を複数の視点から俯瞰し、ポジティブ社会に向けた大胆な社会変革のための人のありよう、社会のありようについて議論を深めていきたい。

  • プログラム

    2020年9月29日(火) 14:00-16:00 (15分前から入室可)

    参加登録していただいた方に、

    視聴URLをメールにてお知らせさせていただきます。

    14:00-14:10

    開会の挨拶

    原 邦彦(名古屋大学 大学院情報学研究科)

    予兆学シンポジウム YOCHOU2020のねらい

    14:10-14:30

    講演1: 感染禍という自然実験下で見いだせるもの

    講演者:三浦麻子(大阪大学 大学院人間科学研究科)

    世界中の人々が倫理審査も受けずインフォームドコンセントもなく「実験群」に割り当てられたような現況は,社会心理学者にとっては誠に興味深い観察対象でもある.進行中の研究プロジェクトのデータに基づいて,いくつかの事例を紹介する.

    14:30-14:50

    講演2:計算社会科学で探るインフォデミックの予兆

    講演者:笹原和俊(名古屋大学 大学院情報学研究科)

    新型コロナの感染拡大が問題となっている中、ソーシャルメディアでは偽情報の拡散が問題になっている。真偽不明の情報がネット上に氾濫し、間違った行動が誘発されかねない状況はインフォデミックと呼ばれる。インフォデミックの実態を分析し、危険な予兆を捉えるための試みを計算社会科学の立場から紹介する。

    14:50-15:10

    講演3:ポストコロナ社会と予兆学

    講演者:梶川裕矢(東京工業大学 環境・社会理工学院)

    新型コロナにより前景化した様々な課題や、それらを踏まえたポストコロナ社会の在り様が様々に議論されている。これらの問題に対し予兆学の立場からどのような貢献ができるのか、またこれらの問題が予兆学のあるべき姿に対してどのような要請を示していると捉えるべきかということについて議論する。

    15:10-15:30

    講演4: 予兆学と多義性

    講演者:宇澤 達(名古屋大学 大学院多元数理科学研究科)

    自然現象における予兆と異なり,社会現象における予兆はそれが予兆として認識された時点でまたアウトカムに影響を与える要素となる.これは介在する人間自身の認知構造の多層性に起因すると考えられる.ここでは予兆の多義性に焦点をあて,リスク,不確実性の古典的な分析と比較することにより,ポジティブ社会の可能性について議論を深めたい.

    15:30-16:00

    全体討論

    総合司会:大平英樹(名古屋大学 大学院情報学研究科)

    質問の受付はチャットで随時行い、全体討論で議論します。

  • 参加登録

    事前参加登録は終了いたしました。

    登録していただいた方々に対して

    シンポジウムの視聴URLを前日にメールにて連絡をさせていただきます。

  • ORGANIZING COMMITTEE

    Organizer

    原 邦彦    名古屋大学 大学院情報学研究科 特任教授

    Co-organizer

    上出寛子    名古屋大学 未来社会創造機構 特任准教授

    Web-chair

    大平英樹    名古屋大学 大学院情報学研究科 教授

    Organizing Committee

    梶川裕矢    東京工業大学 環境・社会理工学院 教授

    戸田山和久   名古屋大学 大学院情報学研究科 教授

    宇澤 達    名古屋大学 大学院多元数理科学研究科 教授

    大平英樹    名古屋大学 大学院情報学研究科 教授

    武田浩一    名古屋大学 大学院情報学研究科 教授

    時田恵一郎   名古屋大学 大学院情報学研究科 教授

    石井敬子    名古屋大学 大学院情報学研究科 教授

    上出寛子    名古屋大学 未来社会創造機構 特任准教授

    笹原和俊    名古屋大学 大学院情報学研究科 講師

    原 邦彦    名古屋大学 大学院情報学研究科 特任教授

    お問い合わせ

    原 邦彦 

    hara.kunihiko[at]aip.nagoya-u.ac.jp

     

    または

     

    上出寛子 

    kamide[at]coi.nagoya-u.ac.jp